Eesti English
日本語
ニュース »

芸術の良き理解者である経済人榊原定征氏に エストニア共和国大使からテラ・マリアナ十字勲章授与

26.06.2012

6月25日、在東京エストニア共和国大使館において、トイヴォ・タサ駐日エストニア共和国大使より、日本経済界の重鎮でエ ストニア芸術の良き理解者でもある、東レ株式会社代表取締役会長の榊原定征氏にテラ・マリアナ十字勲章第三位が授与された。エストニア共和国のトーマス= ヘンドリック・イルヴェス大統領はエストニアと日本両国の関係強化のため、今年二月に榊原氏への叙勲を認めた。

榊原定征氏は、日本経団連の副会長でもあり、欧州文化首都の日本側パートナーであるEUジャパンフェスト日本委員会の会長を務めていた。昨年3月11日の東日本大震災における未曾有の混乱に直面しながらも、予定されていたエストニアと日本の文化プログラムを着実に遂行したことが評価された。その中には被災地の合唱団によるエストニア訪問も含まれていた。

勲章授与にあたりトイヴォ・タサ駐日エストニア共和国大使は、2011年の日本とエストニアに注がれた人的交流を法人化するなどの榊原氏の実行力を強調し、「家族など愛する人々を津波で失くした若い人々にとって、エストニア遠征は日常の生活へ戻る為の長い道のりの一部となった」とタサ大使は述べた。榊原定征氏はまた三井不動産株式会社岩沙弘道会長の祝福も受けた。

榊原氏は叙勲にあたり、2011年の困難な時を乗り越えるため、エストニアと日本の人々の強い絆の必要性を強調した。「このような非常時に結ばれた絆は強く、現在、さらに今後の協力相手に支えられたエストニアとの協力関係は続いていくでしょう。この勲章は私共すべてへの証です」と謝辞を述べた。

外務省木寺昌人欧州局長は日本とエストニアの関係の発展に喜びを表し、この関係はさらに日本と欧州連合全体の関係強化に役立つと述べた。

. 榊原氏への叙勲式には、国、財界、文化団体等関係機関の代表者が参列した。東北の宮城三女OG合唱団により両国国歌がエストニア語と日本語で演奏された。

 

 

TopBack