Eesti English
日本語
エストニア »

エストニア概略

18.05.2010

正式国名: エストニア共和国
省略形: エストニア
国民の祝日: 2月24日、独立記念日 (1918年のこの日に独立を宣言した)。
NATO加盟:2004年3月29日
EU加盟:2004年5月1日
時間帯:GMT/UTC+2時間(夏季は+3時間)
日本との時差: 7時間(夏季は6時間)
電力:220V、50Hz
度量基準:メートル法
通行:右側通行
国際電話国番号:372
インターネット国別コード:.ee
 


地理

国土面積:45,227km² (そのうち50.5%は森林[面積にして22,846km2])
国境の長さ:1,450.2km (海上768.6km、陸上681.6km)
首都のタリンからの距離

  • ヘルシンキ (フィンランド) 85km
  • リガ (ラトビア) 310km
  • サンクト・ペテルブルグ (ロシア) 350m
  • ストックホルム (スエーデン) 375km
  • 東京 11,000km


気候: 湿潤温暖
島の数:1,521 最大はサーレマー島、次いでヒーウマー島、ムフ島
湖の数:1,450 最大はペイプシ湖、次いでヴォルツヤルヴ湖
最高地点:318メートルのスール ムナマギ(大きな卵の丘)
日中の平均気温: 

  • 冬:-2.0 °C (2月には通例-20°Cまで下がる)
  • 夏:+19.4 °C (7月には通例+30°Cまで上がる)


人口(2000年の国勢調査に基づく)

総人口:1,364,000人
人口密度:1km²当たり31人
都市人口(2008年1月1日現在):69.4%
農村人口: 30.6%
出生率(2008年):1,000人当たり12.0人
死亡率:1000人当たり12.4人
民族構成:

  • エストニア人69%
  • ロシア人26%
  • ウクライナ人2%
  • ベラルーシ人1%
  • フィンランド人1%


主要都市

首都:タリン (人口404,500人,エストニア総人口の29.6%)
その他の大都市の人口:

  • タルトゥ 98,500人
  • ナルヴァ 65,800人
  • パルヌ 43,500人
  • コフトゥラ ヤルヴェ 42,000人


言語

公用語:エストニア語

エストニア語はウラル語族フィンウゴル語派の1つで、フィンランド語と深く関係している。
フィンランド語のほかに、英語、ロシア語、ドイツ語を話せる、あるいは、理解する人が多い。


政治

政治形態:議会制民主主義
国家元首:大統領 (議会, 又は 選挙人団体(valimiskogu[ヴァリミスコグ])により選出され、任期は5年)
現大統領:Toomas Hendrik ILVES (トーマス ヘンドリク イルヴェス)
2006年9月23日に選挙人団体により選出される。
次回の大統領選挙: 2011年9月
立法府: Riigikogu(リーギコグ)と呼ばれ, 101名からなる―院制議会で任期は4年。
前回の選挙は2007年3月4日
政府の長:首相 Andrus Ansip(アンドルス・アンシプ)[リフォルム党]、2005年4月13日選出される。
最高司法機関: 最高裁判所

行政区分: 15州 (maakond)、33都市 (linn)、194地方自治体 (vald) 
選挙制度:比例代表制に基づいており、18才以上のエストニア国民に普通選挙権がある。
地方選挙:任期は4年で、国籍にかかわらず、18歳以上の永住者に投票する資格がある。
前回の地方選挙:2009年10月18日
次回の地方選挙:2013年10月


通貨

ユーロ (EUR)


教育

589の普通教育学校があり、総生徒数は162,000名。
10校の大学を含む、34の機関で高等教育が行なわれている。


宗教

16世紀の宗教改革以降,ルター派 が多数を占める。
他に、ギリシア正教、ロシア正教、バプティスト派、メソジスト派、カトリックなども見受けられる。



出典Estonia.eu

TopBack